スポンサーサイト

2019.02.22 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    究極カーブを研究せよ

    2006.09.01 Friday

    0
      ・1球種スライダーのみの場合


      前回の「究極スライダーを研究する」からの続きからですが
      スライダー1球種のみでも同じような矢印の大きさでした。
      これによりスライダー系はスライダーが一番効率よく上げられることがわかりました。

      スライダーについてはある程度わかったので
      今度は究極カーブについて調べてみようと思います
      ・カーブの場合


      ・スローカーブ/Sスライダーの場合



      ・Dカーブの場合


      ・ドロップの場合


      ・ナックルカーブ/カーブの場合


      とりあえず現状のサンプルがある分のみ試してみました。
      テレビ画面を携帯カメラで撮影してるので画像からは判断し辛いですが(A−_−;
      矢印の大きさを目視で見てみると

      カーブ=スローカーブ=ドロップ>Dカーブ=ナックルカーブ

      といったところでしょうか
      ドロップが究極カーブでも伸びる事がわかったのが少々驚きました。

      Sスライダーは第2球種でしか持っている選手がいなかったので
      正確な調査は出来ませんでしたが
      Sスライダー自体マイライフでの取得が微妙なので
      もういいかなぁっと手抜きしちゃいました( ̄▽ ̄*)

      スポンサーサイト

      2019.02.22 Friday

      0
        コメント
        お邪魔します。

        究極カーブについて、僕も調べて見ました。

        丁度作った選手の中に第一球種にオリ変カーブ、第2球種にナックルカーブを持った選手がいたのでどうなるかやってみたところ、第一球種のオリ変カーブは上がらず、ナックルカーブのみ上がるということになりました。

        まあ、安田道場でオリ変は上がるのであれなんですが、参考になりましたら幸いです。
        • by みそ田楽
        • 2006/09/01 5:10 PM
        >みそ田楽さん
        オリジナル変化球は所持している選手がいなかったので
        貴重な情報サンクスです!
        やはりオリジナルだと今中道場じゃあ上がらないのですねぇ

        安田道場であがると聴いて一安心しました。
        今回の安田道場は投手編での1つのキーポイントですからね!
        • by スカイ
        • 2006/09/02 3:10 AM
        コメントする